岡山県在籍型出向マッチング支援サイト

岡山県

支援制度

在籍型出向支援について

岡山県は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で「従業員を一時的に休業させるなど、雇用の維持に不安を抱える企業」と「人手不足で一時的に人材を受け入れたい企業」の在籍型出向を支援する事業を実施しています。雇用の維持だけでなく、従業員のスキルアップや働く意欲の向上も期待できる取組ですので、企業のご担当者様はぜひご検討・ご相談ください。

相関図

支援内容について

必要に応じ、電話・訪問アクセスにより、企業のニーズに応じたきめ細かいマッチング調整を行います。また、企業の同意を得たものについて、専門的な知識やノウハウを有する産業雇用安定センターへ情報提供することにより支援を行います。

  1. 情報提供

    マッチング支援サイトを開設し、企業情報を随時更新することにより最新の情報を提供します。

  2. 相談・アドバイス

    社会保険労務士、中小企業診断士、労働局、産業雇用安定センターと協力し、助成金、就業規則等の相談に対応します。

  3. 各種イベント開催

    在籍型出向に関する説明会、相談会、マッチング会を開催します。

(公財)産業雇用安定センター

企業間の出向や移籍を支援することにより「失業なき労働移動」を実現するため、1987年に国と事業主団体等が協力して設立された公益財団法人です。設立以来、22万件以上の出向・移籍の成立実績があります。コロナの影響により、一時的に雇用過剰となった企業が労働者の雇用を守るために、人手不足等の企業との間で在籍型出向を活用しようとする場合に、双方の企業の皆さんに対して出向のマッチングを無料で行います。 全国47都道府県にセンターの事務所があり、企業の皆さんからの相談に応じています。

(公財)産業雇用安定センター
 岡山事務所
〒700-0826 
岡山市北区磨屋町10-20 磨屋町ビル4階
TEL 086-233-3081 FAX. 086-233-1227
(公財)産業雇用安定センター
ホームページ

マッチング支援

説明会やマッチング会の開催を行っているほか、必要に応じ、個別のマッチング調整を行います。

説明会の開催

現在予定されている説明会は以下のとおりです。

日 時
  1. 倉敷会場
    (2021年8月3日 火曜日 10:00〜12:30開催)
内 容

プログラム(10:00〜11:30)

1.在籍型出向とは((公財)産業雇用安定センター岡山事務所)
・在籍型出向の仕組みについて
・具体的事例の紹介

2.在籍型出向を活用する場合の助成金の活用について(岡山労働局)

3.在籍型出向に必要な労務管理等について(岡山県社会保険労務士会)

4.今後の事業スケジュールについて(運営事務局よりお知らせ)

※状況により一部順番や内容の変更もしくは終了時間が延びる場合があります。

社会保険労務士・中小企業診断士・労働局・産業雇用安定センターによる個別相談会
 (11:30〜12:30)

※個別相談ブースにて、在籍型出向や助成金等の相談に対応します。
※個別相談会については予約を優先いたします。

在籍型出向説明会・相談会チラシ
PDFダウンロード
申し込み専用フォーム
申し込みはこちら

マッチング会の開催

現在予定されているマッチング会は以下のとおりです。

日 時
  1. 倉敷会場
    (2021年8月3日 火曜日 13:30〜16:30開催)
内 容

マッチング会(13:30〜16:30)

企業担当者同土の顔合わせや条件等を話し合う場となるほか、
必要に応じて各専門員によるサポートも行います。

ミニセミナー(13:30〜14:30)

・在籍型出向とは
・籍型出向を活用する場合の助成金の活用について
・在籍型出向に必要な労務管理等について
※状況により一部順番や内容の変更もしくは終了時間が延びる場合があります。

社会保険労務士・中小企業診断士・労働局・産業雇用安定センターによる個別相談会
 (14:30〜16:30)

※個別相談ブースにて、在籍型出向や助成金等の相談に対応します。
※個別相談会については予約を優先いたします。

在籍型出向マッチング会チラシ
PDFダウンロード
申し込み専用フォーム
申し込みはこちら

個別の支援

必要に応じ、在籍型出向の個別のマッチング調整を行います。

詳しくはこちら

無料の相談窓口

社会保険労務士への手続きに関する
無料相談

在籍型出向に必要な就業規則の整備や、助成金申請書類の作成等について、
社会保険労務士に無料で相談することができます。

※1回あたり2時間程度で、1事業主2回までとなります。
※出向のマッチングを行うものではありません。出向のマッチングについては、
 (公財)産業雇用安定センターが無料で行っています。

対象となる事業主

送り出し企業
新型コロナウイルス感染症の影響により事業の縮小などを余儀なくされ、一時的に雇用過剰となった従業員を、雇用の維持を目的として、人材不足の企業等へ出向させることを検討している事業主、もしくは出向させている事業主。
受け入れ企業
在籍型出向により従業員の受入れを検討している事業主、もしくは受け入れている事業主。

相談内容

社会保険労務士が、次の例のような相談対応を行います。

  • 出向制度に必要な制度整備のアドバイス
  • 就業規則変更等のアドバイス
  • スムーズな労働移動へのアドバイス
  • 助成金に関するアドバイス(産業雇用安定助成金、雇用調整助成金、その他)

申し込み方法

申し込み期間:令和3年4月12日(月)~
令和4年3月18日(金)

次のいずれかの方法によりお申し込みください。

申し込み専用フォーム
申し込みはこちら
FAX

申込書(PDF)に必要事項を記入のうえFAXで送付

FAX.086-226-0180

お申し込み時に、ご希望相談方法を選んでください。

  • 社会保険労務士が直接企業を訪問する方法
  • オンラインで行う方法

ダウンロード

社会保険労務士
無料相談窓口リーフレット

PDFダウンロード
リーフレット表 リーフレット裏
岡山県社会保険労務士会
ホームページ

国が実施する支援制度

厚生労働省

産業雇用安定助成金

新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、「出向」により労働者の雇用維持を図る場合、出向元と出向先の双方の事業主に対して、その出向に要した賃金や経費の一部を助成します(令和3年2月5日創設)。

厚生労働省ホームページ
【産業雇用安定助成金】

雇用調整助成金(出向)

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、「労使間の協定」に基づき、「雇用調整(休業)」を実施する事業主に対して、休業手当などの一部を助成するものです。事業主が労働者を出向させることで雇用を維持した場合も、雇用調整助成金の支給対象となります。

厚生労働省ホームページ
【雇用調整助成金】

助成金コールセンター

厚生労働省では、「産業雇用安定助成金」や「雇用安定助成金」申請などに関するお問い合わせを、コールセンターで受け付けています。

雇用調整助成金、産業雇用安定助成金、
学校等休業助成金・支援金コールセンター

0120-60-3999

[受付時間] 9:00~21:00(土日・祝日含む)

助成金申請窓口

「産業雇用安定助成金」や「雇用安定助成金」などの在籍型出向に対する助成制度についての相談や申請は、出向元企業の所在地を所管する都道府県労働局またはハローワークで受け付けています。

労働局・ハローワーク
一覧はこちら(PDF)

経済産業省

人材確保等促進税制

新型コロナウイルス感染症が経済や社会に甚大な影響を及ぼす中、ウィズコロナ・ポストコロナを見据えた企業の経営改革の実現に向け、新卒・中途採用による外部人材の獲得や人材育成への投資を積極的に行う企業に対し、法人税等の税額控除措置が講じられます。



経済産業省ホームページ
【賃上げ・生産性向上のための税制】

送出・受入情報の
検索・登録はこちら

人材を
送り出したい

従業員を一時的に休業させるなど、雇用の維持に不安を抱える企業様向けの支援内容や相談窓口をご紹介します。

もっと見る 送出情報
検索
送出企業登録

人材を
受け入れたい

人手不足で一時期的に人材を受け入れたい企業様向けの支援内容や相談窓口をご紹介します。

もっと見る 受入情報
検索
受入企業登録